インドネシア:1-3月GDPは前年同期比4.71%増

インドネシアの1-3月(第1四半期)の国 内総生産(GDP)は、輸出が不振で前期比マイナス成長となった。国 内景気を再び力強く拡大させることを目指すジョコ・ウィドド大統領に とっては逆風となる。

インドネシア中央統計局が5日発表した1-3月期のGDPは前期 比0.18%減。ブルームバーグがエコノミスト10人を対象に行った調査の 予想中央値は0.25%増だった。前年同期比では4.71%増。インドネシア の昨年の成長率は5.02%と5年ぶりの低水準だった。

原題:Indonesian Economy Shrinks, Raising Risk for Widodo Growth Goal(抜粋)

--取材協力:Herdaru Purnomo、Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE