5月5日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル反落、米貿易赤字の拡大で成長見通し懸念

5日のニューヨーク外国為替市場ではドルが4日ぶりに下落。朝方 発表された3月の米貿易赤字が約6年ぶりの水準に拡大したことから、 景気が好転しているとの見方に疑問符が付いた。

先週発表された第1四半期の実質国内総生産(GDP)では米景気 の停滞が示唆された。景気が利上げに耐え得るかどうかを計る上で、8 日に発表される4月の雇用統計に注目が集まっている。

オアンダ(カナダ・トロント)のシニア通貨アナリスト、アルフォ ンソ・エスパルザ氏は「一連の残念なデータが発表され、ドルは騰勢を 失いつつある」と指摘。軟調な経済データは金融当局が6月以降に利上 げを先送りする可能性を示唆しており、「見通しの変化がドルを押し下 げるだろう」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は0.4%低下して1168.81。ドルは対ユーロで0.4%下げて1ユーロ =1.1185ドル。円は対ドルで続伸して1ドル=119円86銭。

ブルームバーグ相関加重指数によれば、ドルは過去1年間では18% 上昇と、調査対象となっている先進10カ国通貨の中で最もパフォーマン スが良好だ。

米貿易赤字

3月の米貿易赤字は約6年ぶりの高水準に拡大した。西海岸港湾の 労使紛争が解決し業務を再開したことから、輸入 が大幅に増加した。

商務省が5日発表した3月の貿易収支統計によると、財とサービス を合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月か ら43.1%増加して514億ドルと、2008年10月以来で最高だった。

サムソン・キャピタル・アドバイザーズ(ニューヨーク)のプリン シパル、ジョナサン・ルイス氏は、貿易収支統計は「ドル上昇に伴う輸 入コストの低下を示しており、消費者はその恩恵を受けているが長期的 に見ると米国の成長にとってはプラスにならない」と述べた。

米商務省が発表した第1四半期の米 GDPは前期比0.2%増。改定 値ではマイナスに修正される可能性があるとの懸念が広がった。そうな れば当局が事実上のゼロ金利を維持する可能性が高まる。

ドイツ銀行のG10為替戦略グローバル責任者、アラン・ラスキン氏 (ニューヨーク在勤)は「第1四半期GDPがマイナスとなれば、当局 が6月や7月に引き締めるのは相当厳しいだろう」と述べた。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想によると、8日に発表 される4月の米雇用統計では23万人の雇用増が見込まれている。前月 は12万6000人増にとどまった。

原題:Dollar Snaps 3-Day Gain as Wider Trade Deficit Damps Growth Bets(抜粋)

◎米国株:下落、世界的な株安の流れ引き継ぐ-景気懸念

5日の米株式相場は下落し、S&P500種株価指数はここ1カ月余 りで最大の下げとなった。世界的な株安の流れを引き継いだ。経済指標 が強弱まちまちな内容だったことで成長に対する懸念が強まったほか、 ギリシャが債務危機を解決できないとの観測が広がった。

アップルや半導体関連などテクノロジー株が売られた。ナスダッ ク・バイオテクノロジー指数は2%安。ヘルスケア株の下げが響いた。 デルタ航空とアメリカン・エアラインズ・グループも安い。原油相場が 今年初めてバレル当たり60ドル台に上昇したことが手掛かり。

S&P500種株価指数は前日比1.2%安の2089.46。ダウ工業株30種 平均は142.20ドル(0.8%)下げて17928.20ドル。ナスダック総合指数 は1.6%下げた。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)のチーフ株 式ストラテジスト、テリー・サンドベン氏は「1-3月期の決算や強弱 まちまちな経済指標、高いバリュエーションにより、株式市場には不安 が広がっている」と指摘。「米経済はソフトパッチ(景気の軟化局面) を進んでおり、高バリュエーションは誤りを犯すリスクを高めている。 よって投資家の不安や懸念は強いままだ」と述べた。

ギリシャが国際通貨基金(IMF)への11億ドルの返済を12日まで に実施できるかどうかをめぐり、懸念が広がっている。欧州株式市場で は、ストックス欧州600指数が2年ぶり安値に下げた。

経済指標

この日発表された3月の米貿易赤字は約6年ぶりの高水準に拡 大 した。西海岸港湾の労使紛争が解決し業務を再開したことから、輸入が 大幅に増加した。貿易赤字の拡大は、1-3月(第1四半期)の国内総 生産(GDP)の改定値が速報から下方修正される可能性が高いことを 意味する。

米供給管理協会(ISM)が5日発表した4月の非製造業総合景況 指数は、市場の予想外に上昇した。

米金融当局による利上げ見通しに注目が集まる中、市場参加者らは 8日発表の雇用統計に注目している。

スタイフェル・ニコラスの市場ストラテジスト兼ポートフォリオマ ネジャー、ケビン・キャロン氏は「株式相場は今年に入り、明確な上昇 基調をスタートさせるのに苦労している」とし、「動きは非常に不安定 で、はっきりとした方向性がない。現在は不透明感が広がっており、市 場はいずれ、真の経済成長を探し求める必要が出てくるが、今はかなり 弱々しい状況だ」と述べた。

アップルは2.3%安。過去6日間のうち5日間で下落している。

ボラティリティ

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数( VIX)は11%上昇し14.31。6週間ぶりの大幅な上昇率となった。

S&P500種の業種別10指数は全て下落した。

テクノロジー株では、マイクロン・テクノロジーやインテルなど半 導体銘柄の下げが特に目立った。フィラデルフィア証券取引所の半導体 指数(SOX)は2.2%安と、6週間で最大の下げ。

ブルームバーグ米航空株指数は3.1%安。ダウ輸送株平均は1.7%下 げた。

原題:U.S. Stocks Join Global Retreat in Equities Amid Data, Greece(抜粋)

◎米国債:続落、独国債につれ安-ISM非製造業指数が上昇

5日の米国債相場は続落。先物市場が下げ足を速めたことがきっか け。投資家が経済成長のペースを見極めようとする中、ISM非製造業 景況指数は市場の予想外に上昇した。

10年債利回りはほぼ2カ月ぶりの高い水準に上昇。ユーロダラー先 物2016年6月限の価格は下落した。ドイツ10年債利回りが過去最低水準 から上昇したことを背景に、米国債市場ではボラティリティが1カ月ぶ りの高水準となった。米10年債利回りは3月10日以降で初めて昨年末の 水準を上回った。

RBSセキュリティーズの米国債ストラテジスト、タイラー・トゥ ッチ氏は「押し目買いが見られない」と指摘。「ドイツ国債が売られる なら、米利回りも今の水準は妥当ではないと、市場は気づき始めてい る」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(bp、1 b p=0.01%)上昇の2.19%。同年債価格(表面利率2%、償還期限2025 年2月)は98 11/32。

10年債利回りはここ7営業日で6日目の上昇。米国債のボラティリ ティを測るバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのMOVE 指数は4日に81.12と、4月2日以来の高水準となった。

欧州債

独10年債利回りは6bp上昇の0.52%と、1月以来の高い水準。イ ンフレが定着しつつあるとの観測が強まった。ギリシャとの救済協議で 進展がみられないことに関する懸念で、イタリアとスペイン国債の利回 りも上昇した。

D&Fマン・キャピタル・マーケッツの債券金利・信用責任者、ト ーマス・ディガロマ氏は「欧州が大きく影響している」と指摘。「欧州 債への売り浴びせは収まる兆しがない」と述べた。

ユーロダラー先物16年6月限はニューヨーク時間午前9時半から9 時35分の間に、総計10万9000枚売られた。ブルームバーグのデータによ ると、同銘柄のこの時間帯の出来高は過去5営業日の平均値で1万2843 枚となっている。

米国債は朝方、上昇する場面もあった。3月の米貿易赤字が予想以 上に拡大し、経済が想定ほど成長していないとの観測が広がった。

三菱UFJ証券USAのシニア米国債トレーダー、トーマス・ロス 氏(ニューヨーク在勤)は「第1四半期が思ったよりも弱かったなら、 第2四半期にとって何を意味するだろうか」と指摘。「第2四半期にか けての勢いは想定したほどではない」と述べた。

8日に発表される4月の雇用統計で雇用者数は23万人増と予想され ている。失業率は5.4%と、7年ぶり低水準が見込まれている。

原題:Treasuries Fall With German Bunds on Services Gain, Futures Sale(抜粋)

◎NY金:続伸、原油価格の上昇でインフレ懸念

5日のニューヨーク金先物相場は続伸。エネルギー価格の上昇を背 景に、米国のインフレ率が上昇し始めるとの観測が強まり、価値保存手 段としての金買いが活発になった。

ペンション・パートナーズの最高投資責任者(CIO)、エドワー ド・デンプシー氏は電話インタビューで、「インフレ期待は上向いてき ており、金は原油価格の上昇につられて動いている」と指摘。「原油や 金の値上がりは利回り上昇と整合的で、市場がインフレ率上昇を予想し ていることを裏付けている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.5%高の1オンス=1193.20ドルで終了。

銀先物7月限は0.8%上げて16.579ドル。パラジウム先物6月限 は1.6%上昇の794.95ドル。プラチナ先物7月限は0.2%安の1148.80ド ル。

原題:Gold Rises for Second Day as Oil Rally Spurs Inflation Concerns(抜粋)

◎NY原油:大幅反発、60ドル突破-供給過多の緩和観測で

5日のニューヨーク原油市場ではウェスト・テキサス・インターミ ディエート(WTI)先物が大幅反発。昨年12月以来で初めて1バレル =60ドルを上回った。米国の供給過剰状態が緩和するとの見方から買い が膨らんだ。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の シニアアナリスト、ジーン・マクギリアン氏は「心理的に重要な水準を 上抜いた」と指摘。「北米の生産が減少し、供給過多が緩和するとの見 方が背景にある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比1.47ドル(2.5%)高い1バレル=60.40ドルで終了。終値としては昨 年12月10日以来の高値となった。

原題:U.S. Oil Jumps Above $60 for First Time This Year as Glut Eases(抜粋)

◎欧州株:2カ月ぶり安値-ギリシャのデフォルト懸念強まる

5日の欧州株式相場は2カ月ぶりの安値を付けた。ギリシャのデフ ォルト(債務不履行)回避に向けた協議がまとまらないとの懸念が広が り、同国株が売りを浴びた。

指標のストックス欧州600指数は前日比1.5%安の391.01で終了。予 想を上回る好決算を手掛かりに、一時は1.1%上昇した。ギリシャ当局 者は救済協議をめぐり債権者側を非難。同国への要求で債権者側が一致 するまで最終合意は不可能だと語り、これを受けてストックス600は下 げ幅を拡大した。ギリシャのアテネ総合指数は3.9%安と、ここ7週間 で最大の値下がり。

コメルツ銀行のエコノミスト、ピーター・ディクソン氏(ロンドン 在勤)は「ギリシャ問題がまだ残っている。一部の企業決算は相場への 支援材料だったが、その影響はかなり速いペースで薄れ短期的な効果し かもたらさない傾向がある」と発言。「この先、市場ではボラティリテ ィが高まりそうで、これは必ずしも悪材料ではないかもしれない」と語 った。

ドイツのショイブレ財務相はギリシャについて、国際通貨基金 (IMF)への約10億ユーロの返済期限が到来する12日までに救済資金 確保に必要な作業を完了できない可能性があると述べていた。

ただ、ストックス600は年初来では14%上げている。欧州連合 (EU)の行政執行機関である欧州委員会はこの日、ユーロ安とかつて ない規模の金融面での刺激策を背景に、ユーロ圏の今年の経済成長率見 通しを上方修正した。

連休明けの英国では指標のFTSE100指数が一時1%上昇したも のの、0.8%安で終了。スイスのSMI指数も反落し0.8%安。ドイツの DAX指数は2.5%下げ、2カ月ぶり安値を付けた。

個別銘柄では、英銀HSBCホールディングスが3.2%下落。1- 3月の収入がアナリスト予想を下回り、コストが膨らんだことが嫌気さ れた。一方、スイスのUBSグループは3.8%上昇。1-3月の純利益 がほぼ倍となったことが手掛かり。

原題:Greek Drop Leads Europe Stocks Down Amid Growing Default Concern(抜粋)

◎欧州債:軒並み下落、ギリシャ協議で合意至らずとの懸念で

5日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が軒並み下落した。ギリ シャがデフォルト(債務不履行)回避に向けた債権者側との協議で合意 に至らないとの懸念が強まりつつある。

ギリシャ国債が急落。その影響は域内全体に及び、スペイン10年債 利回りは2013年6月以来の大幅上昇となり、年初来の高水準を付けた。 欧州債の指標とされるドイツ国債も値下がり。4月の米非製造業総合景 況指数が予想に反して上昇し、これで下落した米国債に追随した。

ギリシャ当局者は救済協議で合意に至ることができないのは債権者 のせいだとして、同国への要求で債権者側が一致するまで最終合意は不 可能だとの認識を示した。ポルトガルのアルブケルケ財務相は4日、ギ リシャのチプラス首相は提案を受け入れるべきだと述べた。

キャンター・フィッツジェラルドの債券ストラテジスト、オーウェ ン・カラン氏(ダブリン在勤)は「週末に前向きなコメントが増えるこ とがやや期待されていたが、進展がなく再び失望されられた」と述べ、 「リスクポジションは総じて縮小している」と続けた。

ロンドン時間午後4時16分現在、スペイン10年債利回りは前日比29 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.80%。一時は昨 年12月17日以来の高水準となる1.81%に達した。同国債(表面利 率1.6%、2025年4月償還)価格は2.675下げ98.205。同年限のイタリア 債利回りは30bp上昇し1.84%と、1月12日以来の高水準となる場面も あった。

ドイツ10年債利回りは6bp上げて0.52%と、6営業日連続で上 昇。ギリシャ国債の2年物利回りは151bp上昇の21%、10年物利回り は56bp上げ11.11%となった。

原題:Greece Sparks Meltdown in Euro-Area Bonds as Italy, Spain Tumble(抜粋)