NY金(5日):続伸、原油価格の上昇でインフレ懸念

5日のニューヨーク金先物相場は続伸。エネ ルギー価格の上昇を背景に、米国のインフレ率が上昇し始めるとの観測 が強まり、価値保存手段としての金買いが活発になった。

ペンション・パートナーズの最高投資責任者(CIO)、エドワー ド・デンプシー氏は電話インタビューで、「インフレ期待は上向いてき ており、金は原油価格の上昇につられて動いている」と指摘。「原油や 金の値上がりは利回り上昇と整合的で、市場がインフレ率上昇を予想し ていることを裏付けている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.5%高の1オンス=1193.20ドルで終了。

銀先物7月限は0.8%上げて16.579ドル。パラジウム先物6月限 は1.6%上昇の794.95ドル。プラチナ先物7月限は0.2%安の1148.80ド ル。

原題:Gold Rises for Second Day as Oil Rally Spurs Inflation Concerns(抜粋)

--取材協力:Eddie van der Walt.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE