アインホーン氏のファンド、株価上昇見込んだポジション縮小

ヘッジファンドマネジャー、デービッド・ア インホーン氏は株価の上昇を見込んだポジションを縮小させている。ド ル高や低調な原油価格、労働市場の逼迫(ひっぱく)で企業利益が圧迫 されるとの予想が背景。

アインホーン氏のファンド、DMEアドバイザーズの調査ディレク ター、ビニト・セティ氏は5日、グリーンライト・キャピタル再保険の 決算発表の電話会議で、「2015年は厳しい環境になるというのが、現在 のわれわれの予想だ。その予想に沿って、ポジションを組んでいる」と 述べた。アインホーン氏はグリーンライト・キャピタル再保険の会長。

グリーンライト・キャピタル再保険の4日の規制当局への届け出に よれば、3月末時点で資産上昇を見込んだポジションは、下落を見込ん だポジションを15.5ポイント上回った。昨年12月31日時点ではネットエ クスポージャーは38.9ポイントだった。

原題:Einhorn’s Greenlight Reduces Stock Wager Amid Productivity Bust(抜粋)

--取材協力:Kelly Bit.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE