米貿易赤字:3月は6年ぶり高水準、港湾再開で輸入が急増

3月の米貿易赤字は約6年ぶりの高水準に拡 大した。西海岸港湾の労使紛争が解決し業務を再開したことから、輸入 が大幅に増加した。

商務省が5日発表した3月の貿易収支統計によると、財とサービス を合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は前月か ら43.1%増加して514億ドルと、2008年10月以来で最高だった。増加率 は過去18年間で最大。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミス ト予想の中央値は417億ドルだった。食品や資本財、消費財の輸入がい ずれも過去最高となったが、石油の需要は落ち込んだ。

JPモルガン・セキュリティーズの米国担当チーフエコノミスト、 マイケル・フェロリ氏は「港湾労働者によるストライキ終結は輸入に大 きな影響を実際に与えたが、輸出への影響はない」と述べ、「データを ならして見ると輸入のトレンドは上昇しているが、輸出はやや軟調だ」 と続けた。

輸入額は7.7%増の2392億ドルと今年最高。前月は2221億ドルだっ た。石油を除いた輸入額は過去最高を記録した。

輸出額は0.9%増の1878億ドル、前月は1862億ドル。

国内総生産(GDP)の算出に使用されるインフレの影響を除いた 実質財収支の赤字は672億ドルと、過去8年で最大だった。

原題:Trade Gap in U.S. Swells to Six-Year High as Imports Surge (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE