欧州委:ユーロ圏成長率予想引き上げ-通貨安とQEが追い風

欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州 委員会は5日、ユーロ圏の成長率予想を引き上げた。ギリシャ危機継続 が域内の信頼感に与える圧力をユーロ安とかつてない規模の金融緩和が 和らげているとの見方を示した。

欧州委は2015年のユーロ圏成長率予想を1.5%に上方修正した。2 月時点では1.3%を見込んでいた。一方、債務問題に苦しむギリシャに ついては成長率見通しを引き下げた。

同委によれば、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)プログ ラムが金融市場と域内経済に「著しい効果をもたらしており、財政政策 も成長を促している」。原油値下がりとユーロ安、着実な世界経済の成 長も欧州経済を支えていると付け加えた。

発表によれば、ギリシャの今年の成長率は0.5%となる見込み。2 月時点では2.5%の予想だった。

欧州委はユーロ圏の消費者物価については、徐々に上昇し始めるた め、2月に予想したデフレは回避できるとしている。ただし、インフレ 率は今年も来年もECBの目安である2%弱には届かないとし、今年 が0.1%、来年は1.5%に加速するとの予想を示した。

原題:EU Raises Growth Outlook as ECB Stimulus Counters Greek Threat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE