ルフトハンザ:1-3月営業赤字が縮小-燃料安が年金費増補う

ドイツの航空会社、ルフトハンザ航空の1- 3月(第1四半期)決算では、営業損益の赤字が縮小した。燃料コスト の低下がユーロ安や年金費用増加の影響を補った。

5日の発表によると、1-3月期の営業損益(税・利払い前損益) は1億4400万ユーロ(約190億円)の赤字。前年同期は2億1700万ユー ロの赤字だった。同社が発表前に明らかにしたアナリスト14人の予想平 均(2億100万ユーロの赤字)より良い結果となった。

ルフトハンザでは、傘下ジャーマンウイングスの副操縦士がフラン スのアルプス山中に機体を墜落させ、乗員乗客全150人を死亡させたと される事故が尾を引いている。

売上高は7.9%増の69億7000万ユーロ。純損益は4億2500万ユーロ の黒字。前年同期は2億5200万ユーロの赤字だった。

原題:Lufthansa Narrows Loss as Cheaper Fuel Offsets Pension Costs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE