グロース氏:35年に及ぶ強気相場は終えん、異例緩和の酸素切れ

債券投資家のビル・グロース氏は、株式・債 券市場における強気相場の「スーパーサイクル」は終わりに近づきつつ あると指摘した。金融危機以降にスーパーサイクルを維持してきた非伝 統的な金融政策が限界に近づきつつあるためだと説明している。

ジャナス・キャピタル・グループのグロース氏は同社の投資見通し で、世界の中央銀行が実施してきた債務を増やすことで債務危機を解決 しようという試みは、もうあまり長くは続かず、35年間続いた上昇基調 は終わりを迎えることになると記した。その上で、投資家らは価格上昇 に焦点を合わせるのをやめ、自身が推奨するドイツ国債のショートとい った「ややレバレッジを効かせた上での利益」を目指すべきだと指摘し た。

グロース氏はさらに、「信用をベースとした酸素は切れつつある」 とし、「私はただ終わりを実感しているだけだ。長く続いた強気相場が 意気消沈して終わる感じだ。激しい音を立てて終わるのではない」と解 説した。

原題:Gross Calls Bull Market End Again as Credit ‘Oxygen’ Running Out(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE