ディズニーの「アベンジャーズ」続編が初登場首位-北米映画

週末の北米映画興行収入ランキングは、ウォ ルト・ディズニーの「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」が 2位以下を大きく引き離し初登場首位となった。

調査会社レントラックの資料によれば、同作品の興行収入は1 億8770万ドル(約225億円)で、封切りの週末としては史上2位の記録 となる勢い。1位は2012年5月に公開された前作の「アベンジャーズ」 で、最初の週末で2億740万ドルを稼いだ。

レントラックによると、週末の上位10作品の興行収入は前年同期 比55%増の2億1880万ドル。年初来の興行収入は前年同期比5.6%増 の34億8000万ドル。週末の興行成績は1、2両日の実績と3日の推計の 合計。

作品名   興行収入  変化率  劇場数  劇場平均  収入合計   週
  (百万ドル)  (%)      収入(ドル)(百万ドル)
============================================================
1 Avengers: Ultron  187.7     --    4,276   43,886    187.7  1
2 Age Of Adaline      6.3    -53    2,991    2,090     23.4  2
3 Furious 7           6.1    -66    3,305    1,850    330.5  5
4 Paul Blart          5.6    -62    3,548    1,564     51.2  3
5 Home                3.3    -59    2,852    1,157    158.1  6
6 Cinderella          2.4    -15    1,411    1,670    193.7  8
7 Ex Machina          2.2    -58    1,279    1,744     10.9  4
8 Unfriended          2.0    -68    2,221      895     28.5  3
9 Longest Ride, The   1.7    -60    2,115      804     33.2  4
10 Woman In Gold      1.7    -50    1,126    1,493     24.6  5

原題:Disney’s ‘Avengers’ Sequel Gets Upstaged by Mayweather Fight (3)(抜粋)

--取材協力:Zeke Faux、Christopher Palmeri.