NY外為:ユーロ下落、強気派が域内経済状況を見直し

更新日時

4日のニューヨーク外国為替市場ではユーロ が下落。4月は月間ベースでほぼ5年ぶりの大幅高を記録したが、ユー ロ強気派はユーロ圏内の経済状況を見直している。

ユーロは1通貨を除き主要通貨すべてに対して下落した。マークイ ット・エコノミクスが発表した4月のユーロ圏製造業購買担当者指数 (PMI)は前月比で低下した。テクニカル分析で節目となる2つの水 準を上抜けできなかったこともユーロの上昇を阻んだ。

ウェルズ・ファーゴのストラテジスト、エリック・ビロリア氏は 「4月のユーロは堅調だった。改善の兆しは見えている。ただ経済活動 はまだ低調で、特に米国に対する見通しと比べるとなおさらだ」と指 摘。「相対的に今年は米経済の方がはるかに良好になるだろう。それが 欧米の相違というテーマを裏付けている」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.5%下げて1 ユーロ=1.1146ドル。前月は4.6%高と、月間ベースとしては2010年9 月以降で最大の上昇だった。

ブルームバーグ相関加重指数によれば、ユーロは先月上昇したもの の年初来では5.8%低下と、調査対象となっている先進10カ国通貨の中 でも最悪のパフォーマンス。ドルは3.2%上昇。

節目の水準

この日のユーロは前営業日に続き100日移動平均である1.1269ドル を上抜けることができなかった。またフィボナッチ分析における過去1 年間の下げの23.6%戻しの水準である1.1292ドルも超えることはできな かった。

アマハースト・ピアポント・セキュリティーズの為替ストラテジス ト、ロバート・シンチ氏(ニューヨーク在勤)は「大きな抵抗があるだ ろう」と述べ、「ユーロはより正当化されやすい水準に後戻りしつつあ る」と続けた。

4月のユーロ圏PMI改定値は52と、前月の52.2から低下した。

ウニクレディトのシニア通貨ストラテジスト、ロベルト・ミアリッ チ氏は、「われわれはユーロ圏に対して以前より楽観的になっているも のの、域内の経済が強い通貨を正当化していないため、ユーロはまだ売 られるだろう」と予想した。

原題:Euro’s April Rally Brings May Doubts About State of the Economy(抜粋)

--取材協力:Chikako Mogi、Netty Ismail、Anchalee Worrachate.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE