PIMCO旗艦ファンド、「世界最大の債券投信」ではなくなる

パシフィック・インベストメント・マネジメ ント(PIMCO)の旗艦ファンド、「PIMCOトータル・リター ン・ファンド」は世界最大の債券投資信託という呼称を失った。同ファ ンドでは2年にわたって顧客の資金引き揚げが続いている。

PIMCOの推計によると、トータル・リターン・ファンドからの 資金流出は4月に56億ドル(約6730億円)。3月は73億ドル、2月は86 億ドルが流出した。暫定データに基づくと、同ファンドの資産は4月 に1104億ドルとなり、バンガード・トータル・ボンド・マーケット・イ ンデックス・ファンドの1173億ドルを下回った。

バンガード・グループの広報担当、ケイティー・ヘンダーソン氏は 同社ファンドについて、「長期的シェアホールダーの多様性の恩恵を受 けていることは間違いない」と語る。「アドバイザーや機関投資家、個 人投資家などが中核的な長期保有にこのファンドを利用している」と続 けた。

PIMCOのトータル・リターンがピークに達したのは2013年4月 で、資産2930億ドル。昨年9月26日に共同創業者のビル・グロース氏が ジャナス・キャピタル・グループに移籍して以来、同ファンドから は1100億ドル以上の資金が流出した。

原題:Pimco Total Return Loses World’s Biggest Bond Mutual Fund Title(抜粋)