欧州株:上昇、先週の軟調から反転-シンジェンタ急伸

4日の欧州株式相場は上昇。先週全体では昨 年12月以来で最大の下落となっていた。製造業で8カ月ぶりに価格が引 き上げられたことが好感された。

ストックス600指数は前営業日比0.6%高い396.82で終了。スイスの 種子化学、シンジェンタが8.1%急伸。事情に詳しい複数の関係者によ ると、米モンサントはシンジェンタに買収を打診した。これを受けて化 学企業の株式全般に買いが入った。

マークイット・エコノミクスが4日発表した4月のユーロ圏での製 造業の販売価格は上昇した。ドイツとイタリア、アイルランドでの値上 げを反映し、上昇に転じた。ドイツのDAX指数は1.4%上昇。4月は 昨年7月以来の大幅な下落だった。

J・サフラ・サラシン銀行(チューリヒ)のストラテジスト、アレ ッサンドロ・ビー氏は「先週の調整局面が好機となって、多数の投資家 が新規の買いを入れた」と指摘。「流動性は今も市場に向かいつつあ り、欧州の景気は加速している。次に理解しなくてはならないのは米経 済が本当に減速しているのか、あるいは第2四半期に待望の回復が望め るのかどうかだ」と述べた。

先週1日は欧州の大半の国で株式市場が休場だった。4日は英国市 場が休場。

個別銘柄ではアディダスが2.9%高。同社最高経営責任者 (CEO)はリーボックの分離・売却に反対を表明した。

原題:Europe Stocks Climb After Weekly Drop as Syngenta Gains With DAX(抜粋)