中国株:1週間ぶり大幅高、不動産や公益株に買い-緩和期待

中国株式相場は4日、1週間ぶりの大幅上昇 で引けた。不動産市場に安定化の兆候が示されたほか、製造業活動に関 する民間指標の低下を受けて当局が追加の金融刺激策を講じるとの観測 が強まった。

不動産情報ウェブサイトを運営する捜房によると、北京と上海の住 宅価格が4月に上昇した。不動産の中国建築(601668 CH)は本土市場 で値幅制限いっぱいの10%高。恒大地産集団(3333 HK)も香港市場 で7.5%上げた。石炭の指標価格が9年ぶりの安値を付けたことを受 け、中国最大の公益企業である華能国際電力(600011 CH)も10%上昇 した。

英HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが4日 発表した4月の中国製造業購買担当者指数(PMI)改定値は48.9と市 場予想を下回り、製造業活動の縮小を示した。

上海総合指数は前営業日比0.9%高で終了。CSI300指数は 同0.8%上昇した。香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が 同0.2%高、ハンセン指数は下げたものの下落率は0.1%未満。

正徳人寿保険の運用担当者、呉侃氏は「さえない経済状態からする と、政策金利または預金準備率の一定程度の引き下げが間もなく実施さ れると市場は期待している」と述べた。

原題:China Stocks Rise Most in Week as Developers, Utilities Jump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE