中国、市場独占めぐり海外医療機器メーカーを調査-関係者

中国は外国の医療機器メーカーが市場の独占 を狙い贈賄や違法な戦略を用いたかどうかをめぐり調査している。事情 に詳しい関係者が明らかにした。

国家工商行政管理総局などは米ゼネラル・エレクトリック(GE) とオランダのロイヤル・フィリップス、ドイツのシーメンスの中国ヘル スケア部門に対する予備調査に昨年着手した。関係者がこの問題につい て公の場で話す権限がないとして匿名を条件に語った。

関係者によると、調査は必ずしも各社が不正行為をしたことを意味 するものではない。この3社はコンピューター断層撮影装置(CT)や 磁気共鳴画像装置(MRI)などの大型医療機器の中国市場で合わせ て80%を超えるシェアを占めているという。

シーメンスに対する調査は先にロイター通信が報じていた。習近平 国家主席は昨年5月に最新医療機器の国内製造を増やするよう呼び掛 け、その後調査が始まっていた。

国家工商行政管理総局にファクスでコメントを求めたが今のところ 返答はない。シーメンスとGE、フィリップスの代理人に取材を試みた がコメントは得られていない。

原題:China Said to Probe Medical Device Firms on Bribery Suspicions(抜粋)

--取材協力:Li Hui.