米オムニビジョン、中国投資家グループへ身売り-約2300億円

カメラセンサーメーカーの米オムニビジョ ン・テクノロジーズは4月30日、中国の投資家グループに約19億ドル (約2300億円)で買収されることで合意したと発表した。同社の製品は 米アップルの「iPhone(アイフォーン)」に使用されている。

オムニビジョンの発表資料によると、北京に拠点を置くプライベー トエクイティ(PE、未公開株)投資会社の北京清芯華創を中心とする 投資家グループはオムニビジョンを1株当たり29.75ドルの現金で買収 する。このグループには中信資本と金石投資も参加している。ブルーム バーグは29日、オムニビジョンと北京清芯華創の合意が近いと報じてい た。

オムニビジョンによれば、同社創業者のショー・ホン氏は最高経営 責任者(CEO)の職にとどまる見込み。

同社の株価は前日比5.1%高の27.89ドルで終了。年初来では7.3% 上昇しており、時価総額は16億2000万ドルとなっている。

原題:OmniVision Agrees to $1.9 Billion Sale to Chinese Consortium (4)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE