NY金(1日):下落、6週ぶり安値-米利上げ近いとの観測

1日のニューヨーク金先物相場は下落。6週 間ぶりの安値となった。米国の利上げが近づきつつあるとの思惑が強ま った。

RBCキャピタル・マーケッツの貴金属ストラテジスト、ジョー ジ・ジロ氏(ニューヨーク在勤)は電話インタビューで、「すべての経 済指標が利上げは意外に早まることを示唆しているようだ」と指摘。 「利上げへの警戒で、金の買い手はあまりいない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.7%安の1オンス=1174.50ドルで終了。一時は1168.40 ドルと、中心限月としては3月20日以来の安値をつけた。

銀先物7月限は0.1%下げて16.135ドル。プラチナ先物7月限 は0.9%下落の1129.70ドル。パラジウム先物6月限は0.4%安の773.75 ドル。

原題:Gold Falls to Six-Week Low on Outlook for Fed Interest-Rate Lift(抜粋)