英バークレイズ、投資銀部門に大幅な改革必要-ベレンベルク

英銀バークレイズは投資銀行部門をさらに改 革しない限り収益性目標を達成するのは困難だろうと、ベレンベルク銀 行のアナリストらが指摘した。

バークレイズのアントニー・ジェンキンス最高経営責任者 (CEO)は2016年までに株主資本利益率(ROE)12%を目指してい る。投資銀行部門は1-3月(第1四半期)に収益性が伸びたものの、 その大半はコスト削減によるものでトレーディング収入は停滞した。

ベレンベルクのアナリスト、ジェームズ・チャペル氏は「投資銀行 部門の戦略は精彩を欠き、一段と低迷した」と述べ、「バークレイズは 包括的なサービスを提供する独立した投資銀行としてのコミットメント を打ち出すか、さらに大幅に縮小するか、どちらかの選択を迫られてい る」と続けた。同氏はバークレイズの株式投資判断を売りとしている。

第1四半期の投資銀部門のROEは9.1%で前年の2.7%から改善し たものの、バークレイズの4事業部門の中では最低だった。

原題:Barclays Needs Dramatic Investment Bank Cuts, Berenberg Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE