米シェブロン:生産引き上げ計画を維持、原油値下がりでも

米シェブロンの生産を3年間で20%引き上げ る計画は順調に進んでいると、同社のジョン・ワトソン最高経営責任者 (CEO)が明らかにした。原油値下がりの影響で同社の米国の石油・ ガス田では1日当たり500万ドル(約6億円)の損失が発生したが、増 産計画は維持された。

ワトソンCEOは1日、1-3月(第1四半期)決算の発表資料 で、オーストラリアの2件の大規模ガス輸出プロジェクトでの3%生産 増と建設進行について、同社が「2017年までに著しいキャッシュフロー と生産の伸びを実現できる」ことを示していると指摘した。決算には米 国の石油・ガス部門で計上した4億6000万ドルの損失が含まれる。

1-3月の純利益は26億ドル(1株当たり1.37ドル)と、前年同期 の45億1000万ドル(同2.36ドル)から減少。一時項目を除いたベースの この1株利益は、ブルームバーグがまとめたアナリスト20人の予想平均 (79セント)を58セント上回った。

原題:Chevron’s Watson Sticks to Plan for Rising Output Through Slump(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE