CME:トレーダー2人の取引禁止-「見せ玉」で市場操作の疑い

先物取引所を運営する米CMEグループは、 トレーダー2人の取引を期間限定で禁止した。英国で逮捕されたトレー ダーのナビンダー・シン・サラオ容疑者のように市場操作を意図する取 引を行ったという。

CMEによれば、ヒート・カーラ、ナシム・サリム両氏が約定を意 図しない見せ玉で市場を誘導しようとする「レイヤリング」と呼ばれる 取引を行った。両氏はCMEが運営する市場で60日間にわたり取引する ことを禁じられた。

CMEは4月30日に電子メールで配布した発表資料で、カーラ、サ リム両氏が協力して取引を行っていたようだとし、両氏が「約定する意 図を持たずに金と銀の先物で大量の注文を出した」と説明した。

サリム氏はCMEからの連絡に応答せず、カーラ氏を含めCMEは 協力が得られなかったとしている。ブルームバーグは両氏からのコメン トをこれまでのところ得られていない。また、両氏がCMEの調査結果 や措置に不服を申し立てるかどうかについてCMEの営業時間後に広報 担当者4人に問い合わせたが、これへの返答もない。

CMEによれば、問題とするカーラ氏の取引は2月1日から4月28 日まで、サリム氏は3月1日から4月28日にかけて行われた。

原題:CME Suspends Traders for Alleged Sarao-Like Manipulation (1)(抜粋)

--取材協力:Ramsey Al-Rikabi.