ギリシャがのぞき込むクロスデフォルトの崖-IMF不履行なら

ギリシャは債務返済に充てる約40億ユーロ (約5370億円)を5月末まで工面しなければならず、その後は公務員の 給料と年金の請求書が待っている。

チプラス首相が率いる現政権は改革の詳細について債権者と交渉す る一方、財務省短期証券(TB)の引き受けを国内の銀行に頼る状況が 続いており、資金が底を突けばどうなるかという疑問が湧き上がるのは 避けられない。全ての債権者が神の下で平等に創られているわけではな く、例えば国際通貨基金(IMF)は列の先頭に置かれる。幾つかの疑 問をQ&A形式で検証してみた。

Q:ギリシャの債務総額は幾らか。

A:ギリシャの公的債務総額は約3130億ユーロ(約42兆円)。大部 分の返済期限は2021年よりも先だ。企業や銀行の債務を加えると5000億 ユーロに近づく。IMF向けの合計約10億ユーロの期限が到来する6日 と12日が目先の重要な返済期日だが、欧州中央銀行(ECB)が保有す る約70億ユーロ相当の国債が満期を迎える7月と8月に資金繰りが本格 的に逼迫(ひっぱく)する。

Q:IMFに返済できないと何が起きるか。

A:当初の返済期日の2週間後にワシントンから支払いを催促する 最初の電報が届く。IMFはさらに「債務を履行しない重大性」を強調 する別の電報を送って直ちに返済するよう促し、その2週間後に専務理 事が履行期限が過ぎたことを理事会に報告する。

Q:クロスデフォルトとクロスアクセラレーションとは何か。

A:IMF向け債務がデフォルト(債務不履行)となれば、クロス デフォルト条項に基づき、欧州救済基金を含む他の一部債権者もデフォ ルトを宣言できるほか、アクセラレーション(期限の利益喪失)条項に 基づき、債務の残り全額を直ちに支払うよう要求できる権利も生じる。 他の貸し手もその後追随する可能性があるが、アクセラレーションの発 動は自動的には行われず、それぞれの債権者が判断する。

原題:Greek Default for Dummies: Your Questions Answered on Creditors(抜粋)

--取材協力:Nikos Chrysoloras、Jenny Paris、Abigail Moses.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE