米アップル:初の円債発行の可能性、7日から投資家と電話会議へ

更新日時

米アップルは、初の円建て債券を発行する可 能性がある。既にユーロ建てやスイスフラン建ての社債を起債してお り、調達手段を一段と多様化しようとしている。

ゴールドマンサックスの電子メールによる発表文によると、アップ ルは自社のクレジットと最新の事業概況をアップデートするため、7日 から債券投資家との電話会議を開始する予定。会議のアレンジャーには ゴールドマン・サックス・インターナショナルと三菱UFJフィナンシ ャルグループを指名した。その後の市場環境次第で円建債券の発行を検 討するという。

アップルは、株主への資本還元計画を2017年3月までに700億ドル 増額し、その財源として米国だけでなく世界の債券市場にも調達先を広 げる方針を今週発表。すでにこの2年足らずの間に、配当や自社株買い に充てるため400億ドル相当を調達し、海外での利益に米国から課税さ れることなく投資家への還元を実現している。

ブルームバーグの集計データによると、アップルは2月、12億5000 万スイスフラン相当の社債、昨年11月には28億ユーロ相当の社債をそれ ぞれ発行した。

日本で起債すれば、過去最低近辺の金利水準で資金調達が可能とな る見込み。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのデータによれば、 サムライ債の平均金利は4月30日時点で0.47%と、過去最低だった1月 の0.44%に近付いている。

アップルの格付けはムーディーズ・インベスターズ・サービスが 「Aa1」(投資適格の第2位)、スタンダード・アンド・プアーズが 「AA+」(同)となっている。

東京在勤のアップルの広報担当、竹林賢氏はコメントを控えた。