NY連銀:ウォール街の監督担当幹部ダールグレン氏、退職へ

ニューヨーク連銀で米大手銀行の監督を担当 する幹部サラ・ダールグレン氏は、年末に同連銀を退職する。NY連銀 に対してはウォール街への対応が甘過ぎるとして議会から批判の声が上 がっている。

4月30日の発表資料によると、ダールグレン氏(51)は後任者への 引き継ぎを支援するため、10月1日にNY連銀のダドリー総裁のシニア アドバイザーに就任する。後任探しは直ちに開始される。

ダールグレン氏はNY連銀での25年間の在籍中、米保険会社アメリ カン・インターナショナル・グループ(AIG)の2008年救済後に同社 との交渉を担当したほか、JPモルガン・チェースが60億ドル余りのト レーディング損失を出したいわゆる「ロンドンの鯨」事件にも取り組ん だ。

ダールグレン氏からは退職の理由や将来の計画についてコメントを 得られていない。

原題:Top Wall Street Supervisor Dahlgren to Quit New York Fed (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE