GEに欧州委が異議告知書送付も、アルストム買収で-関係者

米ゼネラル・エレクトリック(GE)による 仏アルストムのエネルギー事業買収計画について欧州委員会の懸念事項 を掲載した異議告知書が5月にもGEに送付される可能性がある。事情 に詳しい関係者3人が明らかにした。

同関係者によれば、欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委 はGEに対し、同社が十分な是正措置を提示しない限り買収計画が阻止 されるリスクがあると通告する見通し。欧州委の審査は非公開だとして 匿名で語った。

ノートン・ローズ・フルブライト(ブリュッセル)のクリスティア ン・フィリピッチ弁護士は「異議告知書の送付後でも、引き続き競争が 確実に行われることをGEが十分に立証できれば計画が無条件で承認さ れることもあり得る」と指摘。「そうでなければ、GEが欧州委の疑念 を払拭(ふっしょく)するだけの適切な是正措置を提示できるかが残り の審査期間の焦点となる」と述べた。

GEの広報担当セス・マーティン氏は「欧州委と建設的な話し合い を進めており、良い結果が得られるよう引き続き取り組む」と電子メー ルでコメントした。

4月30日のニューヨーク市場でGEの株価終値はほぼ変わらず の27.08ドル。パリ市場でアルストムは0.8%安だった。

原題:GE Said to Face EU List of Concerns on Alstom Bid Next Month (2)(抜粋)

--取材協力:Richard Clough.