子供に残す金額、75.3億円は多過ぎる-メリルの富裕層調査

子供にいくら遺産を残すべきかと考えている 親に、メリルリンチの調査が参考になる。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)のメリルリンチ部門が富裕層を 対象に実施した調査では、1億ドルのうち6300万ドル(約75億3000万 円)を1人の子供に残すのは多過ぎるとの見方が平均的だった。回答者 の約半数は遺産を残し過ぎることが子供に特権意識を持たせるのではな いかと懸念している。子供たちにとって幸いなことに、1億ドルのう ち2600万ドルは残す金額として少な過ぎると親たちは考えている。

メリルのプライベートバンク・投資グループでマネジングディレク ターを務めるステーシー・オールレッド氏は、遺産相続に絡む問題には 「強い関心がある」と述べた。

調査に答えた206人が最も心配しているのは相続税の負担について だ。回答者は全員、相続税が適用される最低額である500万ドルかそれ 以上の投資可能資産を持っている。85%余りが「相続税をできるだけ払 わなくて済むよう、規則の範囲内で努力する」と答えた。

また、91%は財産の大半を家族に残すつもりだとし、慈善事業への 寄付をまず考えるという回答はわずか4%だった。

原題:Leaving Kids $63 Million Is Too Much, Merrill Lynch Says (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE