宝山鋼鉄、新日鉄住金から首位の座奪う勢い-業界の時価総額で

中国の宝山鋼鉄は、世界の鉄鋼業界における 時価総額で首位の座を新日鉄住金から奪う勢いだ。国内株式市場の上昇 や自動車市場の拡大が追い風となっている。

中国の自動車用鋼板の半分を供給する宝山鋼鉄は4月30日時点の時 価総額が238億ドル(約2兆8400億円)。新日鉄住金は250億ドル。同 月28日の時価総額の差はわずか5200万ドルだった。添付したチャートに は韓国のポスコの動向も掲載した。同社は2013年から昨年まで新日鉄住 金とトップの座を争っていた。

宝山鋼鉄の株価は昨年10月30日以降に人民元ベースで2倍余り上 昇。上海総合指数はこの間86%上昇している。新日鉄住金は14%上昇 し、ポスコは18%下落している。

原題:China’s Baoshan Catches Nippon Steel as Most-Valuable Producer(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE