欧州株:3日続落、年内の米利上げ観測で-月間でも下げる

30日の欧州株式相場は3日続落。米景気減速 後も米当局が年内利上げの可能性を残したことが影響した。指標のスト ックス欧州600指数は月間ベースでは今年初めて下げた。

ストックス600指数は前日比0.4%安の395.79で終了。1%安となる 場面もあった。ただ、前週の米新規失業保険申請件数が15年ぶり低水準 となったことを手掛かりに、同指数は一時0.2%高となった。月間ベー スでは0.4%下落。

メリテン・インベストメント・マネジメント(デュッセルドルフ) で約300億ドル相当の資産運用に携わるトビアス・ブリッチュ氏は、 「誰もが待っていた調整局面にようやく入ったようだ」とし、「米景気 減速や米利上げ見通し、尽きることがないギリシャ懸念、やや失望する 内容だった決算などの要因が売りを引き起こした。この売りがどれだけ 長期化し深刻になるのか様子を見たほうがよいが、必要とされていたも のだ。下落局面で多くの投資家が市場に入り直すだろう」と語った。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は29日の定例会合後に声明を発 表し、同国経済が緩やかな拡大ペースに戻るとの見通しを示し、年内利 上げの可能性を残した。

個別銘柄ではフィンランドのノキアが11%下げ、2012年9月以来の 大幅下落となった。1-3月のネットワーク機器部門の利益率がアナリ スト予想に届かなかった。半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニ クスは13%急落。英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グル ープ(RBS)は3.2%安。四半期決算が予想以上の赤字となったこと が嫌気された。

原題:Europe Stocks Fall, Posting April Drop, on Fed Rate-Rise Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE