STマイクロ:4-6月売上高と利益率見通し、市場予想下回る

欧州最大の半導体メーカー、STマイクロエ レクトロニクスが発表した4-6月(第2四半期)の売上高と利益率の 見通しはアナリスト予想を下回った。パソコン(PC)用部品の需要が 減速したことが影響した。

30日の発表資料によると、4-6月期売上高は前期比約3.5%増加 する見通し。これは17億6000万ドル(約2090億円)に相当する。ブルー ムバーグがまとめたアナリストの予想平均は18億4000万ドルだった。粗 利益率は約33.8%の見通し。アナリスト予想は35.1%だった。

同時に発表した1-3月(第1四半期)決算では、純損益が2200万 ドルの赤字。前年同期は2400万ドルの赤字だった。

原題:STMicroelectronics Forecasts Sales Trailing Analysts’ Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE