香港H株:3日続落、資源株が安い-中国工商銀も値下がり

更新日時

香港市場に上場する中国本土株から成るハン セン中国企業株(H株)指数は30日、3日続落。中国の製造業活動を測 る指標の発表を翌日に控え、資源株が安い。中国最大の銀行である中国 工商銀行も値下がりした。

江西銅業(358 HK)は2.3%安。工商銀(1398 HK)は1.9%安。同 行は1-3月(第1四半期)の増益率が2006年の上場後最低となった。

上海では不動産開発銘柄の指数が6%上げ、高値を更新した。不動 産市場にプラスの兆しがあるとの中国国家発展改革委員会(発改委)の 指摘が好感された。保利房地産集団(600048 CH)や金地集団(600383 CH)が高い。

H株指数は前日比1.2%安の14431.11で終了。今月は17%上昇 し、11年10月以降で最大の月間上昇率となった。ハンセン指数は前日 比0.9%安。

中国本土の市場では上海総合指数が前日比0.8%安で引けた。月間 では19%上昇。CSI300指数は前日比0.5%安。

モルガン・スタンレーのストラテジスト、ジョナサン・ガーナー氏 はリポートで、人民元建ての「A株の上昇の勢いが弱まる可能性があ る」と予想。「利益が徐々に減る一方で、バリュエーション(株価評 価)は高くなりつつある」と説明した。

5月1日の中国・香港金融市場は労働節の祝日のため休場となる。

原題:Chinese Stocks in Hong Kong Fall to Pare Best Month Since 2011(抜粋)

--取材協力:Amanda Wang、Amy Li.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE