NY原油:急反発、4カ月ぶり高値-クッシング在庫減少で

29日のニューヨーク原油市場ではウェスト・ テキサス・インターミディエート(WTI)先物が大きく反発し、4カ 月ぶり高値に達した。米石油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシン グの在庫が昨年11月以来で初めて減少したことを好感した。

トータス・キャピタル・アドバイザーズ(カンザス州リーウッド) のマネジングディレクター兼ポートフォリオマネジャー、ロブ・サメル 氏は電話取材に対し、「クッシング在庫が50万バレルほど取り崩された と分かった瞬間、価格は上昇した」と指摘。「米国での原油生産は頭打 ちになったようだ。掘削装置(リグ)稼働数の減少が影響を及ぼし始め た」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比1.52ドル(2.66%)高い1バレル=58.58ドルで終了。終値としては 昨年12月11日以来の高値。4月に入ってからは23%の値上がり。

原題:Oil Jumps to Four-Month High on Optimism Supply Glut to Ease(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE