サウジ:ムハンマド内相を皇太子に指名、国王が権力基盤を強化

サウジアラビアのサルマン国王は副皇太子の ムハンマド内相を皇太子に指名した。国王に就任してから4カ月弱、世 界最大の原油輸出国の権力基盤を一段と強固にする。

サウジ王室が29日に明らかにしたところによると、サルマン国王の 異母弟であるムクリン副首相は、皇太子からの退位を要請された。王位 継承順位2位の副皇太子にはサルマン国王の息子で国防相のムハンマド 王子が指名された。

原題:Saudi King Cements Power Around Next Generation in Court Shuffle(抜粋)

--取材協力:Nadeem Hamid、Deema Almashabi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE