ギリシャ、ユーログループ議長が約束違反と批判-ECBめぐり

ギリシャが救済合意の延長に合意すれば、欧 州中央銀行(ECB)がギリシャの資金調達について規則を緩和する と、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)議長のデイセルブルム・オ ランダ財務相が約束したとギリシャのチプラス首相が言明したことにつ いて、デイセルブルム議長が否定した。

デイセルブルム議長は28日にRTLテレビの番組で、「ギリシャ政 府は債権者側との交渉に入ればECBが規則を緩和するということに賭 けた」と述べた。「ユーログループとのしっかりした合意なしでECB 資金に容易にアクセスできることはない」と続けた。

ギリシャの銀行は資本市場にアクセスできずECBの通常のオペも 利用できないため、ギリシャ銀行(中銀)からの緊急流動性支援 (ELA)に依存。ECBはELAの上限を毎週見直している。

チプラス首相は27日夜に放映のテレビインタビューで、ギリシャの 大手銀行が保有できる政府証券の上限が90億ユーロ(約1兆1700億円) と「通常」の150億ユーロよりも低く設定されたと指摘。このため60億 ユーロ相当の政府証券をロールオーバーすることができなくなったと話 した。

救済合意を2月末の当初の期限から延長すれば、ECBがこの上限 を撤廃するとデイセルブルム議長が約束したと、チプラス首相は主張し ている。

原題:ECB Dominates Greece Saga as Dijsselbloem Rejects Tsipras Charge(抜粋)

--取材協力:Ian Wishart、Marcus Bensasson、Paul Tugwell、Eleni Chrepa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE