ダイムラー:1-3月は41%増益、予想上回る-メルセデス好調

更新日時

ドイツの自動車メーカー、ダイムラーの1- 3月(第1四半期)決算は41%増益となった。Cクラスなどメルセデ ス・ベンツ部門の人気車種の需要が同業他社に比べて伸びた。

28日の発表資料によれば、継続事業ベースの利払い・税引き前利益 は29億3000万ユーロ(約3800億円)と、前年同期の20億7000万ユーロか ら増加した。ブルームバーグがまとめたアナリスト7人の予想平均26 億9000万ユーロを上回った。同社は今年の継続事業ベースの利益が大幅 に増加するとの予想を据え置いた。売上高は16%増の342億ユーロ。

メルセデスの1-3月期の納入車数は15%増となり、1桁の伸びだ ったBMWとフォルクスワーゲン傘下のアウディを上回った。

ダイムラーは28日、2016年までに新モデルや生産能力拡大で250億 ユーロを投資する計画を明らかにした。

原題:Daimler Profit Surges 41% as Sales Gains Beat Growth at Rivals(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE