4月28日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドルが2カ月ぶり安値-利上げ先送り観測で

28日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが2カ月ぶり安値に下 落。期待外れな経済データを受けて米金融当局の利上げ開始時期が後ず れするとの観測が広がった。

主要通貨に対するドルの動きを示す指数は5営業日続落。昨年7月 以降で最長の連続安となる。米経済指標はこのところ市場予想より悪い 内容が続いているが、この日発表された消費者信頼感指数も予想を下回 った。米連邦公開市場委員会(FOMC)定例会合はこの日から2日間 の日程で始まった。

コモンウェルス・フォーリン・エクスチェンジのチーフ市場アナリ スト、オマー・エシナー氏は「きょうの消費者信頼感指数はドルには全 くプラスにならない」とし、「FOMC会合から慎重な姿勢と、最近の 軟調な経済データへの注目度の高まりが読み取れれば、ドルは短期的に やや下落すると考えられる」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は前日比0.6%下げて1171.41。終値として2月25日以来の低水準と なった。3月13日には1222.94と、記録のある2004年以降で最も高い水 準を付けた。

ドルは対ユーロでは0.8%値下がりし1ユーロ=1.0981ドル。対円 では0.2%安の1ドル=118円86銭。

ドルの動き

ドルはこのままいけば4月、月間ベースでは昨年6月以降で初の下 落となる。4月の米消費者信頼感指数は4カ月ぶり低水準となり、ブル ームバーグが市場関係者77人を対象に実施した調査での最も悲観的な予 想も下回った。

バークレイズの通貨ストラテジスト、アループ・チャタジー氏(ニ ューヨーク在勤)は「経済データは、短期的にドルへの弱気な見方をや や強めるのにふさわしい内容が続いている」と分析。「これらのデータ にはややノイズが多く、一つのデータから推測するのは難しい。一時的 な弱さというのが引き続きわれわれの見方だ」と述べた。

29日発表される1-3月(第1四半期)の米国内総生産(GDP) は、ブルームバーグがまとめたアナリスト79人の調査の中央値では前期 比年率1%増が見込まれている。

FOMCは2日間の会合後、29日に声明を発表する。ブルームバー グが先週、エコノミスト59人を対象に実施した調査では73%が、当局が 利上げを9月まで待つと見込んでいる。3月の調査では6月か7月の利 上げが予想されていた。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンのチーフ市場ストラテジス ト、サイモン・デリック氏は「ここ数週間、市場では金融政策の予想を 下方向に修正する動きが続いている」とし、「金融政策の変更にますま す敏感になりつつある状況では、ドルが圧力を受けるのは意外ではな い。ドルは値下がりが予想される」と続けた。

原題:Dollar Falls to 2-Month Low as Slow GDP Paves Way for Fed Delay(抜粋)

◎米国株:反発、メルクやIBMが高い-FOMC結果待ち

28日の米国株式相場は反発。メルクの利益見通し引き上げやIBM の増配が好感された。米連邦公開市場委員会(FOMC)はこの日から 2日間の日程で始まり、あす声明を発表する。アップルの下落に伴い、 ナスダック100指数は0.2%下げた。

メルクは5%高。通期利益見通しを上方修正した。IBMも上昇。 一方、ツイッターは18%急落。予定より早く引け前に発表された決算で は売上高が予想に届かなかった。アップルも安い。「iPhone(ア イフォーン)」の急成長は続かないとの懸念が強まった。白物家電のワ ールプールも下落。同社は通期見通しを引き下げた。

S&P500種株価指数は前日比0.3%高の2114.76。ダウ工業株30種 平均は72.17ドル(0.4%)上げて18110.14ドル。ナスダック総合指数 は0.1%下落。小型株で構成するラッセル2000指数は0.5%上昇した。

シマング・キャナル・トラスト(ニューヨーク州エルマイラ)の上 級投資責任者トム・ワース氏は、「決算が大部分の相場を決定してい る」と指摘。「順調な株を見ても、あまり順調でないものも、主に決算 が動かしている」と述べた。

企業決算期の中、利上げのタイミングに関する一段の手掛かりを得 ようと、FOMCの結果にも注目が集まっている。

ブルームバーグが調査したエコノミスト59人中、9月会合まで利上 げは実施されないと予想したのは73%と、3月時点の調査の37%から上 昇した。3月調査では大半が6月か7月の初回利上げを予想していた。

FOMC

FOMC当局者の大半は2015年末までの利上げを見込んでいる。今 月に入って市場予想を下回る経済指標の発表が相次ぐ中、一部当局者は 時期尚早な利上げに慎重な姿勢を示している。

米民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した4月の消費者 信頼感指数は95.2と、前月の101.4(速報値101.3)から低下。ブルーム バーグが実施したエコノミスト調査の予想中央値は102.2だった。

29日に発表される1-3月(第1四半期)の米実質国内総生産 (GDP)は前期比1%増と、昨年10-12月(第4四半期)の2.2%増 から減速すると予想されている。

S&P500種の業種別10指数中、9指数が上昇。通信サービス株の 上げが目立った。AT&Tは2.3%上昇し、約2カ月ぶりの高値水準。 ヘルスケア株も高い。メルクが1月以来の大幅上昇となったほか、エト ナは3.2%上げて最高値をつけた。

IBMやマイクロソフトも値上がり。IBMは18%の増配発表が好 感され、6カ月ぶりの高値。マイクロソフトは5カ月ぶり高値をつけ た。

ツイッターは安い

ツイッターは下落。1-3月決算は売上高が予想に届かなかった。 同社は新しいプロダクツの投入や機能向上で利用者増加を図っていた。 同社は引け後に決算発表を予定していたが、金融ニュース・情報サービ ス会社、セレリティが先に報じた。

アップルは1.6%安。一時は1.4%上昇する一方、2.3%下落する場 面もあった。

原題:U.S. Stocks Advance as Merck, IBM Shares Gain Before Fed Meeting(抜粋)

◎米国債:利回りが1カ月ぶり高水準、FOMC会合開始

28日の米10年債は利回りが1カ月ぶりに2%に上昇した。この日か ら2日間の日程で米連邦公開市場委員会(FOMC)会合が始まった。

米国債は続落。エコノミストの間では9月の初回利上げが有力視さ れている。オラクルやアムジェンが債券市場で資金を調達する中、引き 受け会社のヘッジ行動から米国債が圧力を受けた。

SEIインベストメンツ(ペンシルベニア州オークス)で100億ド ル相当の資産運用に携わるショーン・シムコ氏は「FOMCにはあまり 期待していないが、それでも注意する必要がある」と述べ、「経済統計 の内容が強弱混在していて、市場参加者の心理は揺れている。緩やかで はあるがインフレが加速する可能性があるとの見方も生じてきた」と続 けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比8ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)上昇の2%。同年債価格(表面利率2%、償還期限2025年 2月)は23/32下げて99 31/32。利回りは3月26日以来で初めて2%を つけた。5年債利回りは6bp上げて1.40%。

社債発行による資金調達

金利が低水準で推移している中で、企業は社債発行による資金調達 を急いでいる。

強弱が混在した経済統計が発表され、エコノミストらは初回利上げ の予想時期を後退させている。ブルームバーグがまとめた調査による と、多くのエコノミストは9月までは利上げはないとみている。前月の 調査では多くは6月か7月の初回利上げを見込んでいた。

RWプレスプリッチの政府債取引担当マネジングディレクター、ラ リー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は、「ある程度の量の社債 供給があり、それが国債相場に圧力をかけている」と述べ、「第1四半 期の経済データを消化している段階だ。今週の注目はFOMC会合であ り、その声明内容だ」と続けた。

この日財務省が実施した5年債入札(発行額350億ドル)の結果に よると、最高落札利回りは1.380%。入札直前の市場予想は1.391%だっ た。29日には2年物変動利付債(150億ドル)と7年債(290億ドル)の 入札が実施される。

RBSセキュリティーズの米国債ストラテジスト、テイラー・トゥ ッチ氏は、「大部分の市場参加者は29日のFOMC声明発表に備えたポ ジションを取っている」と述べ、「当局者が6月利上げを諦めて、第1 四半期のデータは(短期金利の)6月引き上げを支持しないとの見解を 示すかどうかに当社は注目している」と続けた。

原題:Treasuries Fall 2nd Day Amid Corporate Supply Before Fed Meeting(抜粋)

◎NY金:続伸、ボラティリティ上昇-FOMC待ち

28日のニューヨーク金先物相場は続伸。市場は利上げ時期に関する 一段のガイダンスを得ようと、米連邦公開市場委員会(FOMC)に注 目している。金のボラティリティ(30日ベース)は7週間ぶりの高水準 付近となっている。

RJOフューチャーズ(シカゴ)のシニアマーケットストラテジス ト、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「金は一進一退を 繰り返している」と指摘。「難しいトレードだ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.9%高の1オンス=1213.90ドルで終了。

銀先物7月限は1.2%上げて16.63ドル。プラチナ先物7月限 は0.5%上昇の1158.60ドル。パラジウム先物6月限は0.2%安の781.15 ドル。

原題:Gold Volatility Rises as Fed Seen Delaying Interest-Rate Liftoff(抜粋)

◎NY原油:57ドル台で小じっかり、在庫統計に注目

28日のニューヨーク原油市場では、ウェスト・テキサス・インター ミディエート(WTI)先物が小高く、1バレル当たり57ドル台。29日 発表の米原油統計を控え、先週の在庫が最高記録を更新したとの見方が 広がっている。イランが米国籍の貨物船を拿捕したとの報道を受けて上 昇したが、米国防総省がこれを否定したため上げ幅を削った。

みずほセキュリティーズUSA(ニューヨーク)の先物部門ディレ クター、ボブ・ヨーガー氏は電話取材に対し、「センチメントはかなり 弱気になっているが、在庫統計発表まで大きく下げることはないだろ う」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日 比7セント(0.12%)高い1バレル=57.06ドルで終了した。

原題:U.S. Oil Steady Above $57 Before Government Inventories Report(抜粋)

◎欧州株:下落、医薬品安い-スタンダードチャータードにも売り

28日の欧州株式相場は反落。指標のストックス欧州600指数は3営 業日ぶりに値下がりした。ヘルスケア銘柄の下げが目立った。英銀スタ ンダードチャータードなどは決算発表後に失望売りが出た。

ストックス600指数は前日比1.5%安の406.28で終了。業種別19指数 の中でヘルスケア銘柄が最も下げた。米マイランがイスラエルのテバフ ァーマスーティカル・インダストリーズからの買収案を拒否し、米製薬 株が下げ続けているためだ。

4月の米消費者信頼感指数が予想外に低下し4カ月ぶり低水準とな ったことを背景に、ストックス600は下げ幅を拡大した。

クレアインベスト(ジュネーブ)の共同創業者でファンドマネジャ ーのイオンマーク・バラフ氏は、「この日の欧州市場ではニュースが出 れば売り、前日の米国株の大きな反落に追随する動きとなった」と発 言。「ギリシャ情勢はやや進展しているものの、解決が先延ばしにされ ているだけなのは明らかだ。成長はまだ欧州に根付いていないし、ドイ ツでさえそうだ。欧州株はあまりにも速く動きを先取りし過ぎていた可 能性がある」と続けた。

ヘルスケア銘柄ではアイルランドのシャイアーとデンマークのノ ボ・ノルディスク、英アストラゼネカが大きく下げた。スタンダードチ ャータードは3.2%安。1-3月(第1四半期)利益がアナリスト予想 に届かなかったことが嫌気された。

原題:European Stocks Fall Amid Health-Care Declines, Earnings Misses(抜粋)

◎欧州債:ギリシャ国債上昇、チプラス首相が妥協に前向き姿勢を示唆

28日の欧州債市場ではギリシャ国債が上昇し、2年債の価格は約1 カ月ぶり高水準に達した。債権者との協議で妥協を求める世論が強まる 中、ギリシャ政府が行き詰まりを打破しようと取り組みを再開している ことが背景にある。

2年債の利回りは約1カ月ぶりの低水準に近づいた。チプラス首相 は27日遅くのスターTVとのインタビューで、債権者側との合意が緊縮 策を終わらせるという自身の選挙公約に沿わない内容になれば、それを 承認する是非について有権者に問い掛ける可能性があると言明、妥協に 前向きな姿勢を示唆した。

サンライズ・ブローカーズ(ロンドン)のストラテジスト、ジャン ルカ・ジグリオ氏は「ギリシャ側が最近取る言動は、もっと協力的にな って合意成立に持ち込みたい意向を示唆している」とし、「個人的には 引き続き警戒するが、市場ではプラスに受け止められている」と語っ た。

ロンドン時間午後4時45分現在、ギリシャ2年債(表面利 率3.375%、2017年7月償還)価格は前日比2.505上げ71.88。これは終 値としては3月25日以降の高値。

利回りは196ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下 の20.36%。最後に20%を割り込んだのは3月27日だった。今月22日に は30.05%と、債務再編のあった2012年以来の高水準に達した。

ギリシャで先週末に発表された2つの世論調査は、ユーロ圏諸国や 国際通貨基金(IMF)との協議で政府が取る対決姿勢への支持が引き 続き低下している状況を示した。プロト・テマ紙が調査会社アルコに委 託した調査では、ギリシャの要求が債権者側に拒否されても政府は妥協 すべきだとの回答が半数を超えた。

一方、ドイツ10年債利回りは前日比ほぼ変わらずの0.16%だった。

原題:Greek Notes Rise to 1-Month High on Willingness to End Deadlock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE