米ファイザー、15年業績見通しを下方修正-ドル高の影響で

米製薬最大手ファイザーは、2015年通期の業 績見通しを下方修正した。ドル高で海外での売り上げが目減りすること が理由。

28日の同社発表によると、1株当たり利益は1.95-2.05ドルの見通 し。従来は2-2.10ドルを見込んでいた。売上高予想も440億-460億ド ル(約5兆2300億-5兆4700億円)に引き下げた。

1-3月(第1四半期)の1株利益は51セントと、ブルームバーグ がまとめたアナリスト予想平均(50セント)を上回った。売上高は109 億ドル(予想108億ドル)。

新しいがん治療薬、イブランスの売り上げが第1四半期の業績に寄 与した。

原題:Pfizer Lowers 2015 Forecast as Dollar’s Strength Cuts Into Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE