日米首脳、TPP早期妥結に意欲-中国を脅かさないと米大統領

更新日時

オバマ米大統領は日米を含む12カ国間で交渉 している環太平洋経済連携協定(TPP)について、世界2位の経済大 国である中国を脅かすものではないと述べた。中国はTPP交渉に参加 していない。

オバマ大統領は28日、安倍晋三首相との会談後、ホワイトハウスで 共同記者会見に臨み、TPPの早期妥結を確信していると発言。中国の 行動いかんにかかわらず「米国民や米国の労働者にとって好ましいこと だ」と述べ、「単に防衛的な協定ではない」と説明した。

大統領は「貿易をめぐる政治的駆け引きは日米双方で厳しいものに なり得る」と指摘。「安倍首相が私と同様に、妥結に向けて強い決意で 取り組んでいると承知している。妥結に至ると確信している」と語っ た。

安倍首相も日米ともに強い決意で取り組んでおり、TPP妥結に向 けて交渉を推進させると表明した。

新しい日米防衛協力指針(ガイドライン)についてオバマ大統領 は、中国をはじめ近隣諸国に脅威を与えるものではないと強調。日米の 協力はこれまで国境やシーレーンの安全保持に貢献することで、中国が 世界的な経済大国として台頭するのを助けたとも述べた。

さらに中国主導のアジアインフラ銀行(AIIB)については、 「有益な存在となり得るが、透明性のある運営が必要だ。しっかりと運 営されなければ、マイナスな存在になり得る」とくぎを刺した。

安倍首相もAIIBには「公正なガバナンスが必要だ」と懸念を表 明し、個別案件への審査や承認が不可欠であるほか、特に環境への影響 への配慮も必要だと述べた。

原題:With Japan’s Abe, Obama Says Asia Trade Deal No Threat to China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE