米アップル:株価下落、アイフォーン好調維持が困難との見方

28日の米国株式市場でアップルの株価が下 落。同社が「iPhone(アイフォーン)」の好調な販売を維持する ことができないとの懸念が背景だ。

レイモンド・ジェームズのアナリスト、トラビス・マックコート氏 は28日のリポートで、「アイフォーンのトレンドは減速モードにある」 と指摘。前年比の伸びは昨年12月にピークに達した可能性が高く、強い トレンドがどれほど続くかに疑問を呈した。さらに、「『アップル・ウ オッチ』の当初の粗利益は同社製品全体の平均値よりも低い」と指摘し た。ただ、レイモンド・ジェームズはアップルの利益見通しを上方修正 した。

ニューヨーク時間午前10時32分現在、アップルの株価は1.5%下げ て130.64ドル。

アップルの1-3月(第2四半期)決算は前年同期比33%増益とな った。アイフォーンに対する旺盛な需要や中国での販売の伸びが寄与し た。中国の春節(旧正月)期間の需要に支えられ、大中華圏でのアイフ ォーン販売は初めて米国を抜いた。

原題:Apple Falls as Concern Over IPhone Growth Outweighs Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE