南シナ海での埋め立て、ASEAN首脳が「深刻な懸念」表明

東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳は28 日、領有権をめぐって主張が対立する南シナ海での埋め立てに「深刻な 懸念」を表明し、地域の安全保障を損ねかねない行為だと指摘する声明 を出した。

クアラルンプールで開催されたASEAN加盟10カ国による首脳会 議の閉幕に伴い、27日付の議長声明が発表された。声明には具体的な国 名は明記されていない。

中国は南シナ海の大半の領域で領有権を主張しており、ASEAN に加盟するフィリピンやベトナムなどが主張する海域で人工島の建設を 強行している。

原題:Asean Leaders Concerned Over South China Sea Land Reclamations(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE