米フェイスブック、「メッセンジャー」にビデオ通話機能追加

ソーシャル・ネットワーク・サービス (SNS)最大手、米フェイスブックは対話アプリ「メッセンジャー」 にビデオ通話機能を追加した。

フェイスブックは27日にブログで、基本ソフト「iOS」または 「アンドロイド」を搭載する携帯端末でビデオ通話が行えると発表し た。今後、アップル製品限定のビデオ通話アプリ「Facetime (フェイスタイム)」やグーグルの「ハングアウト」と競合することに なる。またマイクロソフトの「スカイプ」やテンセント・ホールディン グス(騰訊)の「微信(ウィーチャット)」もビデオ通話サービスを提 供している。

フェイスブックは「メッセンジャーのビデオ通話は片方の携帯電話 がiOS搭載でもう片方がアンドロイド搭載でも可能だ」と説明した。

フェイスブックは先週の決算発表の際、同社独自のチャットアプ リ、メッセンジャーのユーザーは6億人余りで、世界のインターネット 通話の10%強を占めると述べていた。同社はメッセンジャーの機能を増 やしており、外部のソフト開発会社がメッセンジャー向けゲームや機能 を制作できるよう今年プラットホームを公開した。

原題:Facebook Adds Video Calls to Messenger for IOS and Android (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE