ドイツ銀は「何もしなければよかった」との声-新戦略失望誘う

更新日時

ドイツ最大の銀行であるドイツ銀行は、経営 の抜本的な見直しに半年を費やし、4日間で3つの発表文を配布した 後、新たな戦略をようやく27日に提示したが、投資家は失望した。

リテール(小口金融)部門の株式を部分的に売却し、投資銀行業務 を縮小することを盛り込んだ新戦略の発表を受けて、ドイツ銀の株価は 1年3カ月ぶりの大幅安となった。収益率目標の引き下げと詳細な説明 に欠けることを投資家は批判し、過去3年で従来の収益率目標を達成で きなかったアンシュー・ジェイン、ユルゲン・フィッチェン両共同最高 経営責任者(CEO)の実行力に疑問を呈した。

ランデスバンク・ベルリン・インベストメントで資産運用に携わる ルッツ・ローマイヤー氏は「未来を切り拓くようなニュースでは全くな い。投資銀行に向かう総論としての戦略変更だが、ささやかな前進にす ぎない。彼らの計画と比較すると、何もしなければよかったと思えるほ どだ」と指摘した。

ドイツ銀は27日の発表文で、ユニバーサルバンクであり続けるが、 万人向けにあらゆるサービスを提供することはもはやないと説明。「ド イツ銀にしかできない顧客中心のビジネスモデル」を追求する方針を示 した。

年間経費を35億ユーロ(約4500億円)追加削減し、投資銀行のレバ レッジを1500億ユーロ相当圧縮する一方、リテール部門ポストバンクの 株式の大部分を売却するというのが、新たな方針に沿った具体的な解決 策だ。非公開情報であることを理由に関係者が匿名を条件に語ったとこ ろでは、リテールから完全に撤退するというより踏み込んだ選択肢は役 員会の支持を得られず、結局採用されなかった。

ジェイン共同CEOは27日のブルームバーグテレビジョンとのイン タビューで、「われわれがもっと大掛かりで踏み込んだ何かを決めたの ではないかというかなりの臆測があった事実は承知している。コア DNAは変えないというのが実際の決定だが、顧客のニーズにうまく対 応し、生き残っていくための戦略として多くを行う」と発言。戦略の抜 本的見直しに関係する人員削減については、「それらの具体的な数字を 今は示すことができない」と述べた。

原題:Deutsche Bank’s ‘Baby Steps’ Overhaul Disappoints Investors (1) Deutsche Bank’s Co-CEO Jain Says He Rules Out Capital Increase (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE