暴動発生のボルティモアで州兵が巡回、外出禁止令を発令

更新日時

黒人男性が警察に拘束された後で死亡した問 題をめぐり暴動や略奪が発生しているボルティモア市では、事態の収拾 に州兵が投入されたほか、メリーランド州知事が非常事態を宣言するな ど緊迫した事態が続いている。住民には外出禁止令が出され、学校は休 校となっている。

暴動は、黒人男性フレディ・グレイさん(25)が警察に身柄を拘束 された際に重度の脊髄損傷を負い、19日に病院で死亡したことに対する 抗議デモの参加者が暴徒化したもの。デモ参加者は27日、石やレンガで 警察に攻撃を加え、自動車や建物に放火した。それを受けて、メリーラ ンド州のホーガン知事が州兵の投入を要請した。

ボルティモア市警察のダリル・デソーサ氏によると、警官15人が負 傷したほか、27人が逮捕された。

ボルティモア市警のバッツ本部長によれば、暴動のきっかけは複数 の高校生が市内のモンドゥミン・モールに集まり、コンクリート破片や 石を警官に向かって投げ始めたことだった。さらに、ギャング団が26日 に集会を開き、グレイ氏の葬儀後に警察官殺害を試みることを決定した との情報を当局が入手していたという。

グレイさんの身内であるフレデリカ・グレイさんは記者団に対し、 「ボルティモア市内で起きている暴動には賛成できない。行き過ぎだ」 と述べ、暴動を非難した。

ボルティモア市内の公立校は28日に休校となった。ボルティモア市 のローリングスブレーク市長は28日から少なくとも1週間にわたり市内 全域に午後10時から午前5時までの外出禁止令を発令した。

原題:Baltimore Patrolled by National Guard to Stem Anti-Police Riots(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE