ドイツ銀が数千人削減か、投資銀縮小や支店閉鎖も-27日に詳細

更新日時

ドイツ銀行は27日に包括的な経費削減計画の 詳細を公表する。アンシュー・ジェイン、ユルゲン・フィッチェン両共 同最高経営責任者(CEO)は目標を下回り続けてきた収益性の回復を 目指す。

アナリストや投資家によると、経営見直しには支店閉鎖や一部投資 銀行ビジネスからの撤退が含まれ、数千人規模の人員削減につながる可 能性がある。来年の株主資本利益率(ROE)を12%とする目標も断念 する公算が大きい。1-3月(第1四半期)のROEは3.1%だった。

JPモルガン・チェースのアナリスト、キアン・アボホセイン氏は 「この目標が実行可能だとは誰も考えていない」と述べ、「撤回され、 低めの目標に差し替えられる見込みだ。ドイツ銀は目標が導入された時 期よりも収入が低めになっており、規制の逆風は当時予想されたよりも はるかに強い」と指摘した。

ドイツ銀はリテール(小口金融)部門ポストバンクを部分的に売却 し、現在営業している70カ国の一部から撤退する計画。アボホセイン氏 は、ドイツ銀が経費をさらに20億ユーロ(約2600億円)削減する必要が あるとの見方を示した。

同行の26日の発表によると、1-3月(第1四半期)純利益は5 億4400万ユーロで、前年同期比で半減。収入が過去最高に迫ったものの の15億ユーロの訴訟費用計上が響いた。債券や株式のセールス・トレー ディング業務が伸び、投資銀行部門は15%増収。リテール銀行部門は 1%増収。

ドイツ銀株を保有するアセナゴン・アセット・マネジメントで 約160億ドルの運用に携わるミヒャエル・フンゼラー氏は「ドイツ銀の 経営陣は株主からの信頼回復に向け、この機会を利用してさらに思い切 った措置を発表するだろう」と予想。リテール銀行で約3000人が最終的 に削減され、投資銀行部門でも人員削減の可能性があるとの見方を示し た。

ドイツ銀の広報担当は人員削減と戦略見直しの詳細に関してコメン トを控えた。

原題:Deutsche Bank Seen Revising Profit Goal in Cost-Cutting Overhaul(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE