台湾ドル、13年以降で最大の上げ-加権指数は一時1万台

更新日時

台湾ドルは27日、米ドルに対し約2年ぶりの 大幅高。台湾株の指標、加権指数は一時、2000年以来の1万台となっ た。上海との証券取引所接続観測が台湾株需要を押し上げた。

中国証券監督当局が上海、台北両市場の株取引の接続を検討してい ると台湾紙の経済日報が22日に報じてから、加権指数の上げが続いてい る。

台北フォレックスのレートによれば、台湾ドルは0.6%高の1米ド ル=30.861台湾ドルで終了。13年7月以来の大きな上げとなった。一時 は30.551台湾ドルと、5カ月ぶりの高値に達した。加権指数は10002.58 を付けた後、前週末比0.6%高の9973.12で引けた。

原題:Taiwan Dollar Jumps Most Since 2013 as Taiex Climbs to 10,000(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE