ハワード氏:マイナス利回りでの債券保有は「ばかげている」

資産家でヘッジファンド運用者アラン・ハワ ード氏はマイナスの利回りで債券を保有するのは「全くばかげている」 と述べた。

ブレバン・ハワード・アセット・マネジメントを運用するハワード 氏はカリフォルニア州ビバリーヒルズで行われた会議に出席し、「多く の投資家はマイナス利回りの債券を保有する余裕がないか、保有を望ん でいない」と述べ、「政府に金を払って政府の債務を負うという考えは 全くばかげている」と続けた。

ハワード氏の他にもパシフィック・インベストメント・マネジメン ト (PIMCO)の最高投資責任者、マーク・キーセル氏やビル・グ ロース氏も欧州ソブリン債の価値が過大評価されていることに警告して いる。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)によれば、マイナス利回りとな っている欧州の国債規模は2.8兆ユーロ(約360兆円)に上り、昨年9月 の1兆ユーロから3倍近くに増えた。

キーセル氏は24日、ブルームバーグテレビジョンのインタビューで 「バブルは間違いなくこうしたマイナス利回りの一部に存在する」と し、「マイナス利回りが持続可能だとは思わない」と続けた。

原題:Alan Howard Says ‘Crazy’ to Hold Bonds With Negative Yields (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE