ギリシャ、債務交渉チーム再編-財務省の役割を制限

更新日時

ギリシャ政府は救済交渉チームを再編し、同 国のバルファキス財務相の影響力を抑制した。債権者らとの過去3カ月 に及ぶ協議は支援実行に至っていないほか、ユーロ圏の財務相会合では 同財務相に厳しい批判が集中した。

債権者との合意を目指す日々の取り組みの調整役はツァカロトス副 外相に委ねられる。ギリシャ政府当局者が27日、電子メールで記者団に 明らかにした。バルファキス財務相はユーロ圏加盟国、国際通貨基金 (IMF)との政治的交渉を監督するとともに、ギリシャを代表してユ ーロ圏財務相会合に出席する。

ギリシャ問題をめぐり24日にラトビアの首都リガで開かれたユーロ 圏財務相会合(ユーログループ)ではユーロ圏財務相の間に募っていた バルファキス財務相への不満が噴出。時間を浪費するだけの人物だとの 批判や、このような戦術では合意はあり得ないとの指摘が飛び交った。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の ストラテジスト、マイケル・ミケリデス氏は「問題自体を変えるもので はないが、ユーログループの人的関係を踏まえれば、財務相らが引き続 き仕切っているため、意義深い動きではある」と続けた。

今回の動きはギリシャのチプラス政権による融和的な行動として受 け止められていると、債権団の当局者2人が述べた。このうちの1人 は、救済合意に関するギリシャ政府与党のスタンスを考慮すれば、今回 の動きは手遅れの可能性があるとし、奏功するのかどうかに疑問だと語 った。

原題:Greece Reins In Varoufakis as It Reorganizes Bailout Efforts (3)(抜粋)

--取材協力:Paul Tugwell、Christos Ziotis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE