ロンドン外為:円、対ドルでほぼ変わらず-日銀控え円売り減少

ロンドン時間27日午前の外国為替市場では、 円がドルに対しほぼ変わらずで推移。日本銀行が30日の金融政策決定会 合で刺激策を拡大しないとの観測が広がり、円の一段安を見込む投機は 減っている。

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、円のショー ト(売り持ち)ポジションは21日終了週に1万4448枚に減少し、2012 年10月以来の低水準となった。

ロンドン時間午前8時48分(日本時間午後4時48分)現在、円の対 ドル相場は前週末からほぼ変わらずの1ドル=119円15銭。ブルームバ ーグ相関加重指数によると、円は主要通貨に対し今年4.9%上げてお り、主要10通貨の上昇率ではスイス・フランに次ぐ2位となっている。

一方、ユーロは対ドルで0.1%安の1ユーロ=1.0863ドルで取引さ れている。

原題:Yen Shorts Vanishing in Record Stretch as BOJ Seen Standing Pat(抜粋)

--取材協力:小宮弘子.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE