中国株:上海総合指数、約7年ぶり高値-国有企業統合の観測

更新日時

27日の中国株式市場では上海総合指数がここ 3カ月で最も大きく値上がりし、約7年ぶりの高値に達した。政府が国 有企業の統合や一段の景気支援策を検討しているとの観測が広がった。

ペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)と中国石油化工 (SINOPEC、600028 CH)、中遠航運(600428 CH)、宝山鋼鉄 (600019 CH)はいずれも値幅制限いっぱいの10%高。中国は合併や再 編を通じて国有企業の数を現在の112社から40社に減らす可能性があ る、と経済参考報が報じた。また、中国人民銀行(中央銀行)は経済の 再活性化に向け、市場からの地方債買い入れを含めた非伝統的政策の採 用について議論していると通信社マーケット・ニュースが伝えた。

上海総合指数は前週末比3%高の4527.40で終了。1月21日以降で 最大の上昇率となった。CSI300指数は2.2%高。

RBCインベストメント・マネジメント(アジア)のトレーダー、 クレメント・チェン氏(香港在勤)は「政府が業界の統合を検討してい るとの観測から、大手石油会社の株価が急騰している」と指摘。「石油 セクターは長い間、過小評価されてきた」と述べた。

香港上場では中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数 が1.7%高、ハンセン指数は1.3%高でそれぞれ引けた。

原題:China’s Stocks Rise to Seven-Year High on SOE Merger Speculation(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE