銀行員から教授まで-「天網」リストが示す中国に広がる汚職

着信音事業での収賄から約98億元(約1900億 円)に上る不正融資に至るまで、中国が公表した国外に逃亡したとみら れる犯罪容疑者のリストは驚くほど多くの種類の汚職が共産党にはびこ っていることを示している。

中国は22日、重大な汚職犯罪の容疑者で海外逃亡したとする100人 をオンライン上で発表。米国をはじめする各国に対し容疑者の追跡や送 還をめぐり協力するよう圧力をかけた。

リストによると、四川省でチャイナ・モバイル(中国移動)の地域 デジタル音楽・着信音事業を担当していた当時に賄賂を受け取ったとさ れる李向東容疑者は、カナダに逃亡したとみられている。

中国紙、法制晚報は、交通銀行の広州支店長だった劉昌明容疑者 は2005-07年に98億元余りの不正融資を承認した疑いを持たれていると 報道。リストによれば、劉容疑者はシンガポールもしくは米国への旅行 を控え08年に失踪した。

リストは金融や不動産、石油、自動車製造など中国の産業を網羅。 容疑者には政府系ニュースメディアの元代表もいれば、歴史学の元教授 もいる。金融犯罪の容疑者を中国に送還させるこの取り組みは「天網」 と呼ばれ、習近平国家主席が中国全土で展開する反腐敗運動の鍵だ。リ スト掲載の容疑者のうち40人程度は米国にいると考えられている。

中国国家行政学院の竹立家教授(公共管理学)は、容疑者の氏名や 顔写真、履歴を記したこのリストは国際協力の強化につながる公算が大 きいと指摘。「容疑者に対する大きな心理的な圧力も生み、出頭を促す 環境をつくる可能性がある」と述べた。

原題:‘Lord Ringtone,’ Rogue Bankers Sit Atop China’s Most-Wanted List(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE