エンジン失速の中国債券市場-代替資金調達源、穴埋め可能か

中国債券市場のエンジンが失速しつつある。 李克強首相が企業のデフォルト(債務不履行)を容認し、地方政府に簿 外での借り入れを抑制するよう促していることが背景だ。世界2位の経 済大国にとって今、代替となる資金調達源がその穴を埋めることができ るかどうかが問題となっている。

以下のチャートでは、金融機関を除いた社債の純発行額が3月 に636億元(約1兆2200億円)と、過去最高だった2013年3月の3870億 元から84%減少したことを中国人民銀行(中央銀行)のデータに基づき 示した。

一方、株式発行などを通じたエクイティファイナンスは債券による 資金調達を上回った。今年は本土株の指標、上海総合指数のリターン が36%と、人民元建てソブリン債の2.8%を大きく上回っている。シャ ドーバンキング(影の銀行)に対する取り締まりが信託業務を圧迫する 中で、銀行融資は加速した。

招商証券の債券アナリスト、スン・ビンビン氏(上海在勤)は「地 方政府の借り入れを中央政府が抑制したことで社債発行が大きく減った が、債券発行の先細りを政府は容認しないだろう。重要な直接金融の経 路の1つだからだ」と述べた。

チャート①:起債額から償還額を差し引いた純社債発行額は1月の1820 億元、2月の680億元からも減少。エクイティファイナンスが債券によ る資金調達を上回ったのは3年で3回だけだ。エクイティファイナンス は2年前の208億元から740億元に増えた。

チャート②:1-3月(第1四半期)の人民元建て新規融資は約3 兆7000億元に増加。前年同期は3兆元だった。委託貸し付けと信託融資 はいずれも減った。

チャート③:上海株が大きく上昇した一方で、債券リターンは横ばい。

原題:Bond-Market Engine Falters as Li Tackles $28 Trillion Debt (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE