コンテンツにスキップする

明治安田:国内債の残高減少、オープン外債を1兆円超増加-15年計画

明治安田生命保険は2015年度の資産運用で、 国内債券の残高を減らし、為替リスクをヘッジせずに投資する外国債券 の残高を1兆円超増やす計画だ。ALM(資産・負債の総合管理)を基 本に置きつつも、長引く超低金利環境や、市場環境の変化に機敏に対応 して収益力向上を図る。

明治安田の山下敏彦専務は24日の記者説明で、国内債券について 「現在の金利水準では無理をしてでも買い進める状況にはなく、償還を 上回る買い入れは計画していない」とし、残高を削減する見込み。昨年 度は、上半期に残高を減らした後、10月末の追加緩和後に国内金利が低 位で推移したため下半期も買い入れを抑制し残高は2700億円減った。

オープン外債は「為替・金利水準を見極めつつ積極的に積み増して いく」とし、新規資金と償還資金を合わせた約2兆円の半分以上を振り 向ける方針だ。ただ、「当初は計画通りに進めるとしても、年度を通じ て全額を必ず外債に投資するわけではない」という。内外金利、為替等 の状況次第で「国内債券に投資すべきと判断される局面では国内債に配 分したり、現金のまま状況を見極めることもある」と述べた。

ヘッジ付き外債は、内外金利差やヘッジコスト等を考慮した結果、 「国内債券との比較で妙味が乏しい」と判断。海外金利が上昇すればヘ ッジコストも上昇する懸念もあり、抑制的な対応をする方針だ。

昨年度はオープン外債を4600億円、ヘッジ付を1500億円と、それぞ れ残高を積み増した。外国債券全体の残高では、若干ヘッジ付き外債の 残高の方が多いという。

国内株式の残高は、銘柄入れ替えなどで若干の減少を見込む。昨年 度は発行体による買い戻しで残高は900億円減少した。外国株式等は、 ファンドを通じた投資を実施する計画で、残高は増加の見込み。昨年度 は外債ファンドやバンクローンファンド、外株ファンドに投資、残高 は800億円増えた。

国内貸し付けは、成長分野への融資を積極的に推進するが、貸出額 を上回る返済が見込まれ、残高は減少する見込み。昨年度も残高は600 億円減った。不動産は低収益物件の売却を進め残高は減少の見通し。昨 年度も低収益物件の売却や減価償却で残高は200億円の圧縮となった。

2015年度運用計画一覧
===============================================================
資産     国内株      国内債      外株             外債
残高                                       オープン     ヘッジ
---------------------------------------------------------------
日生     横ばい       増加       増加     増加    増加
                ※1                               ※1
---------------------------------------------------------------
第一     横ばい    横ばい      増加      為替水準    増加
                                             次第
---------------------------------------------------------------
明安     微減         減少       増加    +1兆円超     抑制
                  ※2                    ※2       ※2
---------------------------------------------------------------
住友     微増         微増       純減           大幅純増  
                                              +5000億円超
===============================================================
予想     10年国債      日経平均      米国10年債      NYダウ
---------------------------------------------------------------
日生       0.3          19500           n.a.           20000
        0.10-0.60    18000-21000                   18000-22000
---------------------------------------------------------------
第一       0.55         21000           2.50           18000
        0.10-0.70    16500-23000     1.50-3.00     15000-20000
---------------------------------------------------------------
明安       0.50         21000           2.50           19500
        0.20-0.80    17000-23000     1.70-3.10     16500-20500
---------------------------------------------------------------
住友       0.50         20500           2.50           18500
        0.10-0.75    15500-22200     1.60-3.00     15900-20000
===============================================================
予想     円/ドル      円/ユーロ
---------------------------------------------------------------
日生       120            130
         115-125        125-135
---------------------------------------------------------------
第一       125            125
         110-130        105-150
---------------------------------------------------------------
明安       120            126
         116-123        118-132
---------------------------------------------------------------
住友       125            129
         110-130        115-145
===============================================================
※表内の予想は上段が年度末値、下段が中心レンジの見通し
※資産残高の単位は億円
※1:金利を勘案しつつ配分を調整
※2:国内外の金利、為替水準に応じて配分変更
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE