NY金(24日):反落、7週間ぶり大幅安-株式相場の上昇で

24日のニューヨーク金先物相場は反落。7週 間ぶりの大幅安となった。株式相場の上昇を背景に、金買いが減退し た。

アライアンス・ファイナンシャル(シカゴ)のヘッドディーラー、 フランク・マギー氏は電話インタビューで、「現時点で、利上げが年内 から遠さかってしまうほど景気が減速しつつあるとの本物の兆候は何も ない」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比1.6%安の1オンス=1175ドルで終了。3月6日以来の大 幅下落となった。

銀先物7月限は1.2%下げて15.68ドル。プラチナ先物は下落、パラ ジウム先物はほぼ変わらずだった。

原題:Gold Futures Post Biggest Slump in Seven Weeks Amid Equity Rally(抜粋)

--取材協力:Eddie van der Walt.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE